白内障予防サプリのおすすめはルテイン

白内障と紫外線

 

白内障が起こると視力が低下して、見えづらさを覚えるようになります。目の構造はカメラと酷似していることが知られており、カメラのレンズにあたるところが水晶体、フィルムにあたるところが網膜と呼ばれる部分です。

 

白内障とは、そのレンズのような水晶体が濁ってしまったために視力が低下する疾患です。水晶体はたまねぎのような構造になっています。外側の皮が水晶体嚢、中身は中心部から核、核の周囲部、皮質と呼ばれます。

 

白内障になって濁るのは表面ではなく、中身の方です。普通、白く濁ることが多いので白内障と呼ばれるのですが、中には茶色く濁ったり虹色に濁ったりする場合もあります。この白内障の原因としてよく「紫外線が白内障を引き起こす」と言われていますが、原因はこれだけではなく多くの要素があると考えられます。

 

多くの白内障患者を診てきたドクターも、紫外線だけでは考えにくいといいます。しかしながら、確かに水晶体を取り出し、強い紫外線を直接当て続ければ白内障の症状が出てくることはあると考えられています。

 

それでも、理論的には紫外線の多くは角膜で反射され、目の中にはそれほど到達することはありませんので、そうした状況になることは稀有であり、また、紫外線を特別多く浴びる仕事(漁師さんやサーファーやプロゴルファーやテニスのコーチなど)をやっている方実際に紫外線が原因で目の障害(翼状片など)のある患者は多いと感じはするが、その中で一般の人と比較してそれらの患者に特に白内障の割合が多いということもないようです。

 

紫外線は通常、水晶体の前面部の中心に極端に多く入ってくるはずですが、通常の白内障は水晶体の後面に起こったり、中心部に起こったり、周辺部から中心部に向かって拡がったりするのであって、前面中心に最初から起こるものは少ないというのも紫外線を根拠にするにはおかしい点です。

 

こういった理由で、紫外線の影響は通常の加齢性の白内障に関してはそれほど大きくはなく、原因はやはり加齢による水晶体の経年変化にあると見られます。

 

しかし、これもやはり全てではなく、網膜色素変性症の患者の中には、前面中心部のみに白内障が起こる場合もありますし、若くして発症する白内障は、前面中心部から濁りが起こることが多いということもありましたので、これらは紫外線の影響による白内障である可能性は否定できません。

 

異常のことから、「通常は白内障に関しては紫外線を特別気にすることは無いが、若くして(50歳未満)白内障になっている人、もしくは網膜色素変性症を患っている人などは、紫外線を浴びすぎないよう注意する方が望ましい」ということができるでしょう。

 

 

ちなみに、目に関する記事の中では、紫外線と「光」と呼ばれる可視光線を混同している記事が多いです。紫外線は透過力が低いため、その多くが目の表面で反射されています。可視光線は目の中まで届く性質があります。ですから、目の表面にとって悪いのは紫外線であり、それが翼状片や角膜炎を引き起こします。

 

また、水晶体に届いている紫外線の量は少量だろうと推定され、可視光線は影響はないものの、紫外線の影響は多少あるだろうと思われます。そして、網膜にまでは紫外線はほとんど届いていないと考えられ、紫外線の影響は無視できると考えられます。影響があるとしたら可視光線です。

 

「網膜色素変性症の悪化や黄斑部変性症の悪化には紫外線の影響が……」という情報が時々見られますがこれはおそらく間違いで、「網膜色素変性症の悪化や黄斑部変性症の悪化には可視光線の影響が……」と考えるのが医学的は正しいです。

 

白内障の基本知識

 

誰にでも白内障は起こりうると言われています。しかし白内障についてきちんと知っている人は少ないと思いますので、ここで一度基本的なことを学習してみましょう。まず、白内障とは、目の中にある水晶体が白く濁る病気のことを言います。

 

水晶体は目の中にあるレンズのようなものですが、この水晶体が視界がゆがまないように光の屈折を調節し、網膜に映す役割を果たしています。水晶体は近くを見る時は分厚くなり、遠くを見る時は薄くなったりと、厚みを変えることによって、ピントの調節をする機能を果たしています。

 

ですから、この水晶体が濁ってくると外から入った光が網膜に届きにくくなるため、かすんで見える、まぶしく見える、視力が低下する、などの症状が生じるようになります。現在、白内障の最大の原因は加齢だと言われています。この老化現象で起こる加齢性白内障が全体の9割以上を占めています。これは誰にでも起こります。

 

早ければ40歳代から徐々に始まって、80歳代に至ってはほぼ全員に白内障の症状が見られるようになります。ですから白内障というと昔は年配の人がかかるものというイメージで受け取られていましたが、最近になって他の目の病気や糖尿病、アトピー性皮膚炎、ステロイド薬の影響などが原因となって、若年性の白内障になるケースも増えてきています。

 

白内障は水晶体の濁りがどこに生じるかによって、皮質白内障、核白内障、後嚢下白内障の三つのタイプに分類することができます。

 

皮質白内障とは、水晶体の周りを縁取っている皮質から濁りが始まる白内障です。濁りが外側から始まって、ゆっくり進行するので、自覚症状がほとんどなく、気づきにくいです。気付いた頃には大きく進行していることも少なくありません。

 

核白内障は、水晶体の真ん中にある核の部分から濁りが始まるものです。水晶体が硬く厚くなるので、光の屈折が強くなって一時的に近くがよく見えるように感じることもありますが、さらに進行した場合にどんどん見えなくなり、視力が低下していきます。

 

後嚢下白内障は、水晶体の裏側の後嚢(こうのう)と接している部分から濁りが始まるタイプです。この後嚢下白内障では、視力の低下が早く進んでいきます。また明るい所ではまぶしく感じ、見えにくくなるという顕著な特徴があり、糖尿病などの合併症で起こりやすいことが知られています。

 

多くの場合、白内障の症状が現れたからといって急に失明するようなことはありませんので、症状が軽いうちは経過観察をするか、もしくは点眼薬を用いて薬物療法を行うことになります。しかしながら、現在の医学では、濁ってしまった水晶体を元に戻すことまではできず、あくまで進行を遅らせることを目的として薬物療法を行うことになります。

 

薬を使っても症状の進行が進み、日常生活に支障があるほど視力に変化が生じた場合は、手術を検討することになります。手術に対して苦手意識のある人も多いのではないかと思いますが、最近では技術が進歩して安全かつ短時間で痛みも少なく、またほとんどの場合視力の回復ができるようになっています。また、一度手術をしてしまえば多くの場合それで繰り返すことも無いため、検討してみるのも悪くないと思います。

 

白内障に効くサプリメント

 

白内障は基本的には手術をするしか治療する方法は今のところ無さそうです。ですが、サプリメントの摂取によって白内障の症状が改善したというケースもあるようで、実際に治療の際に補助薬の役割で推薦しているクリニックもあると言われています。

 

というわけで、どのようなサプリメントや栄養成分が白内障に対して効果があるのか、情報を集めてみましたのでご覧ください。

 

ぜひ覚えておいてほしいことなのですが、一般的に「目にいい」として紹介されているサプリメントは白内障には効果がありません。これらは、視力回復や眼精疲労にいいという意味であって、白内障の原因に関しては全く効果が見られないからです。ですから、単純なセールスコピーで判断するのではなく、確かな知識をもって選ぶ必要があります。

 

白内障の症状改善に効果が期待される栄養素には、ルテインがあります。実際、ルテインのサプリメントを摂取することによって白内障が改善したという事例が出てきています。

 

ルテインはホウレンソウなどの緑黄色野菜に多く含まれる栄養素で、1日6〜10mgの摂取が望ましいと考えられています。しかしながら、この摂取目安量は「一般の健常者」に対してのものであり、白内障の症状がある人であればこの量では不十分と考えられます。サプリメント大国であるアメリカでは、このルテインの1日の摂取目安量は20mg以上と全然違っています。

 

このルテインは、体内にもともと存在している物質であるものの、体内で生成することができない成分です。ですから、食物を通し外側から摂取するしかありません。加齢とともに体内のルテイン貯蓄量は減少することが知られていて、これが老人性白内障の原因のひとつとされています。

 

是非、ルテインが切れてしまうことが無いように、毎日摂取していきましょう。サプリメントのメリットは、手軽に多くの量が摂れるということと、また消化・吸収力が普通の食材の状態よりも高いことです。

 

上記の量のルテインを摂取するためには緑黄色野菜を大量に食べなければなりませんが、ルテインサプリであれば数個の錠剤を飲むだけで解決します。白内障の症状があることがわかったら、眼科に相談はして薬物治療を始めつつ、ルテインサプリも併用すると良いのではないでしょうか。

 

白内障の原因と治療法

 

白内障という病気がありますが、これは眼球の中の水晶体の酸化が進んで白く濁ってくる病気です。この白内障が進行すると視力が低下し、最悪の場合失明にまで至るため、早めに治療するのが望ましいとされています。

 

初期段階においては自覚症状は気付きにくいものの、主なものとして知られているのは、病気が進行するにつれて現れる視力低下、目のかすみ、明るいところでまぶしく感じるなどの症状です。この白内障をそのまま放置してしまった場合、明暗しかわからない状態にまで視力が失われる場合があります。

 

白内障の原因と最も多いのは加齢だといわれていて、白内障を患っている人の原因の90パーセントを占めるといわれます。歳を重ねていくにつれ、カルノシンという物質が徐々に減少していくのですが、このカルノシンは、天然の酸化防止剤として体の諸器官の酸化を抑制する役割をしています。

 

加齢によってこのカルノシンが減少していくと、水晶体の酸化が進むようになってしまい、白内障が起こり始めてしまいます(進行の速度には個人差があります)。その他の理由としては、他の病気やその治療に伴って発症する場合があり、糖尿病やアトピー性皮膚炎、ステロイド薬などの影響で若い人にも発症するケースもあります。

 

平成17年に厚生労働省が発表した白内障の患者の調査結果によれば、白内障の総患者数は約128万8千人にのぼり、眼の病気の中では最も多いものになっています。日本国内においては白内障患者数のうち女性の比率が高いことが知られており、男女比率では1対3の割合にもなるそうです。

 

白内障の手術治療は、濁った水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズをいれるという手術が一般的に行われていて、成功率も高く体への負担も少なく短時間で終わります。入院も特に必要なく、その後足しげく通院する必要もありません。

 

現在のところ、点眼薬によって白内障を治すことはできません。現在日本で使われている白内障の目薬では、進行を遅らせることしかできず、白内障の原因である目の濁りを取り除くことはできません。

 

最近は白内障に効果がある目薬が欧米などで販売されるようになってきているそうですが、日本国内にはまだ流通しておらず、またその効果のほどに関しては慎重な調査と観察が必要と見られています。もしも、効果が認められて日本に入ってくるようになれば、白内障の治療は新しいステージを迎えるようになるでしょう。

更新履歴